スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年09月06日

昔のハンドグレネード

以前製作、実験していたハンドグレネードについてご連絡い
ただきましたので、古いアイテムではありますがご紹介させ
ていただきます~~~~。


6年ぐらい前<極物屋。>がまだ<際物屋>だったころ、
ハンドグレネードの試作品です。

まだガスタンクなどを作る事ができませんでしたので、ガス
はおろか、バネなどの動力を一切使わない物でした。
丘の向こうや塹壕の中にかくれている相手プレイヤーに
上からBB弾を浴びせる!と言う物です。

構造はいたって簡単でパイプケースの中に縦割りにした
インナーケースがあり、その中に100発ほどのBB弾
が入っています。

<使用プロセス>

①相手がいそうな塹壕や丘、バリケードの前10メートル
 ぐらいに近づく。

②ハンドグレネードを取り出しピン抜いてインナーケースを
 指で押さえる。

③「グレネード!!」と叫ぶ!(これが大事・笑)

④ハンドグレネードを目標に向って投げるように”振る”。

⑤投擲のタイミングを考えてインナーケースを押さえている
 指をはなす。

⑥インナーケースが投擲の遠心力によって飛び出す。

⑦40cmほど飛んだインナーケースはアウターケースと紐で
 つながっており、それ以上飛ばないが内部のBB弾はそのまま
 の勢いで飛んで行き、目的のポイントに上から降り注ぐ。

ようはBB弾を手で投げる!!

と言う原始的な物で携帯するために手榴弾の形をしたケース
におさめておくと言うものです、当時管理していたフィールド
は丘や塹壕、小屋があり数メートル先の丘の向こうに敵が
銃をかまえて待っていることが多かったので有効な攻撃手段
でしたが、この方法はフィールドを選びますね・笑

枝の多い林の中では飛んで行ったBB弾は枝や葉に当たって
飛ばせないので・汗

この後ハンドグレネードはガス式で本当に投擲する物に試行錯誤
で移っていったのですが・・・・・・・・・・・・

以前ブログにも書きましたように「法律的にどうか?」と言う疑問
が解決しませんでしたので企画事態が棚上げ状態になっていま
すが・・・・・・・・・・

どうも問題ない様子・笑

そろそろハンドグレネードの研究を再開しようかな・笑

上に書きました初期のハンドグレネードも”棒付き”グレネード
などではもっと飛距離も伸びるでしょうし面白そうなのでまだまだ
研究の価値アリです。

今は当時より少しは工作能力もアップしているでしょうから~~

当時のアイデアを記したノートは一体何冊目だったのか??
どこにしまってあるのか???

残っているノートだけでもダンボール3箱分!

本棚やカバンに入ったままのノートも相当あるので
たまに見返すと面白いです・笑

中にはすでに遊びの世界を飛び越えて「実戦に使う?」
みたいな兵器も・・・・・・何を考えていたのやら・怖&笑







  


Posted by ソレイド  at 22:07Comments(4)ハンドグレネード

2008年05月25日

飛んでけ~~~


フェイスマスクを製作しながら、ついでにハンドグレネードも作ってみました。

外はゴム中はスポンジで、グレネードの形をしたゴムボールです~
塹壕の中に投げ込み、当たるとヒット!
ゴムボールですので落ちてから跳ねたりするので面白いかな~と思います。

投擲できるタイプのグレネードとしてはこれが無難ではないでしょうか?
写真の物にはつけていませんが底から白いリボンを(30センチぐらい)引っ張り出せるようにしようと思います。

投擲後、発見しやすくするのと名前を書いたり、使用済み!の目印です。

「グレネード!!」と叫んでピンの代わりにリボンを引き出す!
敵プレイヤーに投擲!!

白いリボンをなびかせて飛んでいくグレネードは目立つので、投げられるほうは頭を下げたり、場所を変えるなどの回避行動が必要となりますし、「グレネード!!」と叫んで仲間に伝えたり。

男を見せるにはダイビングキャッチして仲間のために犠牲になるもよし・face02


あくまでも直接撃てない遮蔽物の後ろの敵プレイヤーをあぶりだすアイテムですので、雰囲気重視と言うことで。
しかし写真の物は出来が悪いので今後型を作り変えるか、制作方法を検討します。

物を投げるのはどこのゲームフィールドでもダメでしょうから、個人フィールドでのローカルルール限定でしょうが・・・・・
周り反応によっては商品化するかもしれません、どうでしょうかね~みなさん。
  


Posted by ソレイド  at 23:23Comments(9)ハンドグレネード

2008年04月29日

ガスグレネード


ガス式ハンドグレネードに急展開!!

27日のゲームの時「もっと面白いゲームやアイテムは・・・・・・」と言うことで数人のゲーマーの方と雑談をしておりましたところ。
ハンドグレネード、手榴弾の話になりました、そこで重要な情報をいただきました。
「投擲された物体が、何かのエネルギーで破裂することは法にふれる。」
だそうで恐らくデモや破壊的ゲリラ行為において火炎瓶やそれに類似する危険物を取りしまる法律に触れるようです。

ようはモスカートは手での上で破裂させるとと玩具で、投げて破裂すると法に触れる武器!と言うことみたいです。
もちろん金属製にモスカートを本当に投げたら、間違いなく本物の武器ですが・汗

私の作っていた・・・・・・もとい、
空想していたガスグレネードは内部のガスタンクが樹脂でそれがタンクとバレルとエアスイッチを兼用すると言う構造で軽く小型のため外装のほとんどをスポンジで(写真の白い部分)作ることが出来ましたが、これも投げると法に触れるのでしょね・・・・・・・

一応写真はチョーリアルな3D映像で実在しないと言うことで・笑

サバイバルゲームのイメージが少しでも悪くなる可能性のあるものは私のような超超超超弱小メイカー?でも作ることは皆様に迷惑をかけるかもしれませんので、<ガス投擲型ハンドグレネード>の研究は凍結と言うことにいたします。

HPのほうや、ゲームフィードで販売をお待ちいただいていたみなさま申し訳ありませんがご理解くださいませ。

もちろんハンドグレネード自体の研究をあきらめたわけではありませんので、法とレギュレーションが許す範囲で「使えるグレネード!」の研究開発を続けますので、これまた気が遠くなるほど気長にお待ちください・笑


極物屋HP  


Posted by ソレイド  at 00:41Comments(3)ハンドグレネード

2008年04月09日

リベンジ!

本日もう一度ゴムグレネードを作ってみました、いろいろ情報を頂ありがとうございました。
今回は気持ちよいぐらいペロ~ンとはがれましたface02

写真では分かりにくいですが、原型の凹文字まで見事にコピーできました。
ゴムパーツも楽しいです~笑  


Posted by ソレイド  at 21:33Comments(0)ハンドグレネード

2008年04月07日

大失敗で大成功?

しばらく放置していた石膏型を使って手榴弾型のゴムボールを作ってみようと思います。

塹壕やバリケードの中に投げ込み、跳ね回る手榴弾ボールに当たると「ヒット!」のような使い方が出来ないか?
の思いつきと、フェイスマスク製作のゴムパーツの強度テストもかねています。

まずは型に液体ゴムを塗ります。

ある程度塗り重ねたら、補強用のガーゼを張り込んでまたゴムを塗ります。

塗っては乾かし、の繰り返しが終わりいよいよ型から・・・・・・・・・・・・・・・

「あれ?はずれない?」

思いのほかしっかり石膏型に張り付いてしまい、綺麗に剥がすことは無理なようなので力任せに引っぺがすことに・・・・・・


取れましたが・・・・・


見事にゆがんでいます・汗
日本の一部の地域ではこのような状態のことを「失敗」と言うそうです・笑

次回実験の時は石膏型に何か塗れば綺麗にはがせるでしょう~(前向き前向き・笑)


何より今回の成果は、補強材を入れた場合、非常に強いゴムパーツが作れることが分かりました、手で引っ張ったぐらいでは千切れません!

フェイスマスク製作決定です・笑

ゲーム用のガスマスクなども製作出来そうです、手榴弾は失敗ですが実験事態は大成功です(無理やり前向き!)


  


Posted by ソレイド  at 21:28Comments(1)ハンドグレネード

< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール
ソレイド
ソレイド
サバゲー用品製作職人ソレイドです~
いろいろな製作物などを紹介できたらな~と思いますが
基本的にゆる~ィ男の日記です・笑
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
オーナーへメッセージ